ここから本文です

生田斗真vs瑛太! 『土竜の唄』続編に菜々緒ら豪華キャストが参加

cinemacafe.net 7月19日(火)13時15分配信

生田斗真主演で公開された『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編タイトルが『土竜の唄 香港狂騒曲』に決定し、12月23日(金)に公開されることが明らかになった。また、本作からの新キャストに、瑛太、本田翼、菜々緒らが出演することも分かった。

【画像】生田斗真主演『土竜の唄 香港狂騒曲』

交番勤務のダメ巡査・菊川玲二(生田斗真)はある日突然クビになり、潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され、日本一凶悪な犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ。“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、ケーサツである身分もなんとか明かさず生き抜いた玲二。最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)は挙げられなかったものの、傘下の阿湖義組組長・阿湖正義の引退、若頭補佐・月原旬の逮捕までは漕ぎつけた。しかし、思いもよらず日浦組若頭に就任してしまった玲二は、極道の世界へさらに深く潜っていくハメに!

その頃、正義感溢れるエリート警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任。警察官とヤクザの癒着撲滅をモットーに掲げる兜は、菊川玲二の逮捕に向けて動き出す。そんなこともつゆ知らず、轟周宝からビッグミッションを言い渡される玲二。それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜の撲滅、そして、轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮(本田翼)のボディーガードになることだった! 最終ターゲットを守らなければならないまさかの任務を与えられた玲二に、警察の中から、そして海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! しかし、もっと巨大で凶悪な陰謀が水面下で動き出していることをそのとき玲二はまだ知らなかった――。

監督に三池崇史、脚本に宮藤官九郎、そして主演は生田さんと最強タッグで贈る本作。前作は2014年2月に公開され、興行収入は21.9億円を記録。今年1月に地上波初披露されると、その放送のラストに生田さんから待望の「続編制作決定」のサプライズメッセージが伝えられ、大興奮のまま土竜プロジェクトは一旦地中深くに戻った。

そして今回ついに本作の内容が明らかに。本作は、原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を実写化。前作に引き続き、主演を務める生田さんをはじめ、本作からの新キャストとして、玲二を追うエリート警察官・兜真矢役に、『64 -ロクヨン-』『殿、利息でござる!』など、様々な作品に出演する瑛太さん。玲二の最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝の愛娘役に「恋仲」ではヒロインを演じ、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』にも出演が決定している本田さん。キレると手がつけられないはぐれヤクザ・桜罵百治役に、映画やドラマはもちろん、舞台やCMなど多方面で活躍する古田新太。日本語も中国語も流暢に話すチャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)役に、現在放送中の月9ドラマ「好きな人がいること」や、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の出演が決定し、映画にドラマにと引っ張りだこな菜々緒さんが決定!

また、前作で強烈なインパクトを残した、玲二の同僚で谷袋警察署交通課婦警・若木純奈役の仲里依紗、日浦組舎弟頭・黒河剣太(通称:クロケン)役の上地雄輔、谷袋警察署署長・酒見路夫役の吹越満、潜入捜査官専属養成係・赤桐一美役の遠藤憲一、厚生労働省関東信越厚生局、麻薬取締部課長・福澄独歩役の皆川猿時、数寄矢会四代目会長・轟周宝役の岩城滉一、クレイジーパピヨンの異名を持つ日浦組組長役の堤真一も続投する。

今回の決定に主演の生田さんは「土竜の唄、パワーアップして戻ってまいりました!  宮藤官九郎、悪乗りしたな~っていうくらい、笑った台本。前回以上に熱気・集中力を感じた三池組。玲二を再び演じられるとは思ってもなかったので、新たな挑戦の毎日が楽しかったです!」と撮影をふり返る。また、「お馴染みの出演者の皆さんはもちろんのこと、新キャストの、瑛太さんや古田さんとの立ち回り、女性陣とのあんなことやこんなこと、毎日がクライマックスのような撮影で、全部印象的な日々でした。ぜひ、12月23日の公開を楽しみにお待ちください!!」とコメント。

また三池監督も「この映画の面白さはもはや、事件だと思う。しかも、美しい事件。ジェンダーフリーなガチバトル。恋の花が咲き乱れる潜入捜査のイバラ道。生田斗真がヤバい。いや、出演者全員がヤバい。特に瑛太はマジでヤバい。古田新太はもともとヤバい。だからこの映画はヤバい」と興奮気味にアピール。そして、「もういまからHave a Merry Christmas and a Happy New Yearだ! そう、クリスマスにお正月。映画館で手に汗握って鼻血ブーしようぜ!」とメッセージを寄せた。

なお、ド派手なポスタービジュアル&特報は、映画公式ウェブサイトにて公開中。こちらもぜひチェックしてみて。

『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金)より全国東宝系にて公開。

最終更新:7月19日(火)13時15分

cinemacafe.net