ここから本文です

NTT西日本、バイタルデータで「ビビり度」可視化する「スマートお化け屋敷」を今年も開催

MarkeZine 7月19日(火)10時30分配信

NTT西日本、バイタルデータで「ビビり度」可視化する「スマートお化け屋敷」を今年も開催

2015年との違い(クリックで拡大)

 西日本電信電話(以下、NTT西日本)は、バイタルデータ等で「恐怖」といったココロの状態を視える化する「スマート光お化け屋敷」を、2016年7月15日から梅田で、27日沖縄で実施する。これは、NTTスマートコネクト社が提供する「ココロの視える化サービス」を活用したもので、体験者の恐怖・不安・驚きといったココロの状態を「ビビり度」として可視化。恐怖体験の客観的な振り返りや友人との共有等、新たな楽しみ方を提供するもの。昨年続く2度目の開催で、新たなシステムも導入された。

2015年との違い(クリックで拡大)  同イベントでは、お化け屋敷の体験者に、脈拍計測機能付き活動量計を装着してもらい、取得した活動量データから、体験者の脈拍や体の動き等のバイタルデータを収集。そのデータを、独自のアルゴリズムで解析することで、恐怖・怯え・平静・硬直・驚愕といったココロの状態を「ビビり度」として視える化。お化け屋敷体験後「ビビり度」と「消費カロリー」を専用のWebサイトで確認できる。

 また、「梅田お化け屋敷」ではビーコン技術を応用し、体験者の位置情報を把握することで、特定のエリアに入った装着者の反応をデータで収集・分析する。これにより、お化け屋敷運営者は、演出・仕掛けに対する体験者の反応を客観的に評価でき、改善を行うことが可能となる。

最終更新:7月19日(火)10時30分

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]