ここから本文です

【函館2歳S】モンドキャンノ精神面成長 2歳世代最初のJRA重賞制覇へ 

デイリースポーツ 7月19日(火)6時59分配信

 「函館2歳S・G3」(24日、函館)

 快速馬モンドキャンノが無傷2連勝で重賞初制覇を狙う。デビュー戦では素質の高さを存分に見せつけた。好位で我慢して脚をため、直線は左ステッキ一発で鮮やかに抜け出した。開幕週とはいえ、勝ち時計の1分9秒4は優秀。今年、函館で行われた2歳の6F戦では最速で、一昨年にクリスマスがマークした2歳のコースレコードに0秒1差に迫った。

 2着馬ドゥモワゼルが次戦を4馬身差で圧勝。3着馬フクノクオリア、4着馬ラッシュアウトも既に勝ち上がっており、レースレベルの高さは証明済みだ。藤巻助手も「前走で(戸崎圭)ジョッキーが好位でしっかり競馬を教えてくれましたね。終始、外を回ってのもので、追いだしを我慢する余裕もありましたから」と手応えは十分だ。

 短期放牧を挟んだが「緩んでいません。デビュー前は幼かったけど、徐々に解消されてきました」と精神面の成長を実感する。13日の1週前追い切りは函館Wでアドマイヤマンバイ(2歳新馬)と併せ馬を行い、5F68秒3-38秒6-12秒7できっちり併入。「スピードがあって楽しみ」。世代最初のJRA重賞を制し、6週間の函館開催を締めくくる。

最終更新:7月19日(火)7時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。