ここから本文です

ソウル東大門のドゥータ免税店 韓国化粧品大手が出店

聯合ニュース 7月19日(火)9時17分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の財閥、斗山グループが運営するソウル・東大門のドゥータ免税店が19日、韓国化粧品大手アモーレパシフィックのブランドの出店が始まったことを明らかにした。外国人の間で韓国コスメの人気は高く、免税店でも大きな売上高を占める。ドゥータ免税店はアモーレパシフィック出店による売り上げ増を見込む。

 まず「LANEIGE」と「IOPE」の2ブランドが15日にお目見えした。「Sulwhasoo」「HERA」は20日に出店予定。来月初めに「Mamonde」も加われば、5ブランドをそろえることになる。

 ドゥータ免税店は5月20日にプレオープンしたが、売り場の配置など出店条件をめぐりアモーレパシフィックとの間に溝があった。このほど折り合いがつき、出店が決まったようだ。

 同店の関係者は「Sulwhasooなど中国人観光客に好まれる韓国の有力化粧品ブランドが入れば、売上高はもっと伸びるだろう」と期待を寄せる。

 また、「ビオテルム」や「キールズ」「ゲラン」「ジバンシィ」など海外の化粧品ブランドも先ごろ出店した。時計・宝飾ブランドも来月にかけ順次出店する。

 同免税店は化粧品や香水、ファッションアイテム、アクセサリー、韓国の家電、衣料など約500ブランドを取りそろえる。東大門という立地から、韓国の免税店では初めて深夜まで営業している。午後11時、フロアによっては翌日午前2時まで営業。年内に正式オープンする予定だ。

最終更新:7月19日(火)9時20分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。