ここから本文です

ルーニー・マーラ主演「マグダラのマリア」聖ペテロ役にキウェテル・イジョフォー

映画.com 7月19日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「それでも夜は明ける」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたキウェテル・イジョフォーが、新約聖書中の福音書に登場する聖女、マグダラのマリアを主人公にした新作映画「Mary Magdalene(原題)」の聖ペテロ役で出演交渉中であると、米Deadlineが報じている。

 「キャロル」のルーニー・マーラがマグダラのマリア、ホアキン・フェニックスがイエス・キリストを演じる本作は、「英国王のスピーチ」「SHAME シェイム」を手がけた英製作会社See-Saw Filmsが製作。ヘレン・エドムンドソンとフィリッパ・ゴスレットが執筆した脚本をもとに、ガース・デイビスがメガホンをとる。

 イジョフォーが演じる予定の聖ペテロは、キリストの十二使徒のひとりで、第一の使徒と呼ばれる。マグダラのマリアは、娼婦であったとか、イエス・キリストと結婚していたなどさまざまな説が唱えられる謎に満ちた人物。これまで、キリストやキリスト教を題材にした多くの映画に登場しているが、長編映画の主人公として描かれるのは初めてだ。

 「Mary Magadalene(原題)」は、今夏の撮影開始、2017年の公開を予定している。

最終更新:7月19日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。