ここから本文です

二宮和也&綾野剛が6年ぶりに共演!『おくりびと』監督新作で<出演者コメント全文>

シネマトゥデイ 7月19日(火)12時19分配信

 嵐の二宮和也が、映画『おくりびと』で米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督の新作『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』で主演を務めることが発表された。同作には『GANTZ』で二宮と共演した綾野剛も出演。綾野は「二宮さんとの6年ぶりの共演。嬉しくてなりません。以前の現場で、二宮さんの姿勢や志に感銘し、体感したのを良く覚えています」と語っている。

 滝田監督と二宮にとって初タッグとなる本作は、テレビ番組「料理の鉄人」を手掛けた演出家・田中経一の処女小説を実写化した作品。秋元康が企画を務め、脚本を『永遠の0』などの林民夫が担当。一度食べた味を完全再現できる絶対味覚「麒麟の舌」の持ち主である主人公・佐々木充(二宮)が、1930年代に考案された究極の美味112品によるフルコース「大日本帝国食菜全席」の再現に挑むさまが描かれる。

 綾野は、施設で育ち他人に心を開かない充の唯一の理解者であり、彼の才能を最初に発見した大衆中華料理店の雇われ店長・柳沢健役で出演。また充が目指す「大日本帝国食菜全席」を編み出した天皇の料理番・山形直太朗役には西島秀俊、直太朗の妻で公私ともに夫をサポートする山形千鶴役には宮崎あおいが決定。映画では、充(二宮)&健(綾野)を中心とする2000年代初頭、直太朗(西島)&千鶴(宮崎)を中心とする1930年代の二つの時代が並行して展開されていく。

 そのほかにも、直太朗の調理助手役の鎌田正太郎役に西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、直太朗に「大日本帝国食菜全席」の作成を命じる三宅太蔵大日本帝国陸軍大佐役に竹野内豊、現代パートで充に「大日本帝国食菜全席」の復元を依頼する中国料理界の重鎮・楊晴明役に笈田ヨシと豪華キャストがズラリ。滝田監督は「二宮和也さん、西島秀俊さんをはじめ、多彩な絶対味覚を持つ若手・老練の皆さまと共に、撮影現場で予想もしなかったすてきな瞬間に立ち合えることを楽しみにしております」とコメントしている。映画は2017年秋に全国公開予定。(編集部・井本早紀)

以下、出演者コメント全文

1/3ページ

最終更新:7月19日(火)12時19分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。