ここから本文です

ディーン・フジオカ、乗馬の練習再開で「壮快」

リアルライブ 7月19日(火)12時6分配信

 俳優のディーン・フジオカが18日、「WILKINSON新商品・新CM発表会」に出席。以前から乗馬が趣味で、インスタグラムで練習風景を公開した際には、その騎乗姿が女性ファンの間で話題になったりもしていたが、この日、「随分長い間乗馬の練習をする機会がなかったんですけど、久しぶりに馬にまたがった」と練習を再開したといい、「馬にまたがって駆け巡るのは壮快」と笑顔を見せた。

 炭酸水のPRイベントで、炭酸水に絡め様々な質問を受けたディーン。「すっきりしたい時はどんなことをしているか?」と問われると、「基本は運動。体を動かすと気持ちがスッキリします」とにこやかにコメント。「時間があれば家で皿洗いをしたりもします」とプライベートでのリフレッシュ方法を明かし、「最近刺激が強かったエピソードは?」という問いには乗馬の練習を再開したことを明かして嬉しそうな表情を見せた。

 また、「夏に欠かせないものは?」と問われると、「夏は音楽が欠かせないですね。アウトドアのシーンで音楽があるのとないのとでは景色の見え方も違ってきます。音楽が一段と身近になる季節だと思います」と発言。

 「次に挑戦してみたいこと」を問われると、「いろんなこと挑戦したいと思うんですけど、とあるところでオーケストラの指揮者の仕事に興味を持ちまして、やってみたいなって思いました」とはにかみ、「直近でやる機会があるのですか?」と聞かれると「機会? それは乞うご期待で」と答えるなど、どこまでもさわやかな魅力を振りまいていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:7月19日(火)15時19分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。