ここから本文です

ホセ・ゴンザレス、8年ぶりの単独来日公演が決定

CDジャーナル 7月19日(火)16時28分配信

 昨年1月に約8年ぶりのアルバム『ヴェスティジズ&クローズ』をリリースしたスウェーデンのシンガー・ソングライター、ホセ・ゴンザレス(Jose Gonzalez)が、8年ぶりの来日公演を開催。11月30日(水)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、12月1日(木)東京・渋谷 WWW Xの2公演が発表されています。来日公演はバンド編成で行なわれる予定。

 アルゼンチン人の両親のもと、スウェーデンのイェーテボリで1978年に生まれたホセ・ゴンザレス。2004年のデビュー・アルバム『ヴェニア』が北欧で大ヒットとなり、収録曲「Heartbeats」がSony「BRAVIA」のCM曲に起用され世界的な知名度を得ました。2007年にはマッシヴ・アタック「Teardrop」のカヴァーも収録する2ndアルバム『イン・アワー・ネイチャー』をリリース。2013年にはベン・スティラー主演映画『LIFE!』に主題歌として「Step Out」を提供しています。

最終更新:7月19日(火)16時28分

CDジャーナル