ここから本文です

15年のADAS用キーデバイス/コンポーネントの世界市場規模は前年比39.5%増の4,327億7,900万円に

エコノミックニュース 7/19(火) 8:26配信

 矢野経済研究所では、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査を実施した。調査期間は2016年3月~6月、調査対象はカーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、自動車メーカ。調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用した。

 2015年における ADAS(ADAS:Advanced Driving Assistant System、ADAS)用キーデバイス/コンポーネントの世界市場規模は4,327億7,900万円であった。2014年の市場規模から39.5%増となり、日米欧を中心にADAS搭載車が急増している。2015年は欧州よりも日米の増加率が高く、両市場ともラグジュアリークラス(高級車)以外でも ADAS 搭載車両が増えているという。

 日本市場は JNCAP(Japan New Car Assessment Programme)において AEB(緊急自動ブレーキ、AEB)評価試験が2014年から始まっており、2016 年からは歩行者AEB評価試験も実施される予定である。これに対応するためにトヨタ自動車はToyota Safety Sense C, P、ホンダはHonda SENSING などの新しい安全システムを 2014年末に市場投入してAEB搭載車種を増やしている。このため、日本市場におけるADAS装着率は2015年に40%を超え、日米欧の中で最も装着率の高い市場となっている。

 米国市場については、米国運輸省(USDOT)、米国運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)、米国道路安全保険協会(IIHS)が2022年までに主要自動車メーカ20社が製造する全新規販売車両においてAEBが標準装備になると発表している。このため、各自動車メーカでは前倒ししてAEBの搭載を進める可能性が高く、2020年までに9割以上の新規販売車両に ADAS が標準搭載されると推測する。

 欧州についてはミドルクラス以下にもADASの標準化が進んでおり、2015年は日本と同様にADAS装着率は40%を超えている。今後はコンパクトクラスへの標準化が2017年~2019年にかけて進むと予測している。このような状況から、2016年以降は ADAS用センサの需要拡大が急速に進み、2020年におけるADAS用キーデバイス/コンポーネントの世界市場規模は1 兆4,475億5,500 万円、2014年~2020年における年平均成長率(CAGR)は29.3%になると予測している。

 また、歩行者AEBに対応するためにフロントに搭載されるADAS用カメラが日米欧で必須となる。また、自動運転機能を実現するためにADAS用カメラの高性能化も進み、車両1台あたりの搭載個数も増える。このため、2014年~2020年における年平均成長率(CAGR)43.6%で市場は拡大し、2020年のADAS 用カメラの世界市場規模は6,800億3,000万円に伸張すると予測している。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:7/19(火) 8:26

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。