ここから本文です

アメリカ・ラスベガスで『ストリートファイターV』の世界チャンピオンが誕生!【EVO2016】

ファミ通.com 7月19日(火)12時12分配信

●前代未聞の規模で行われた決勝トーナメント
 アメリカ・ラスベガスで2016年7月15日~17日(現地時間)にかけて開催された、世界最大級の対戦格闘ゲーム大会“EVO2016”。最終日には『ストリートファイターV』(以下、『ストV』)部門の決勝トーナメントが争われた。その結果をお届けする。

 EVO2016の最終日は競技種目9タイトルのうち5タイトルの決勝トーナメントが実施され、全ての結果が出揃う日だ。舞台は初日~2日目の会場とは異なる場所に移動し、巨大モニターが設置されたセンターステージ型の大型会場で実施。全種目の中でも圧倒的多数の参加人数・5000人超で争われた『ストV』部門は、その中でトリを務めるタイトルに採用された。

 この舞台で決勝トーナメントを争うのは、前日までの予選トーナメントを勝ち抜いたTOP8の選手たち。メンバーは以下の通りだ。

◆ウィナーズ
ふ~ど選手(ミカ)※
MOV選手(春麗)※
Infiltration選手(ナッシュ)
Yukadon選手(ナッシュ)※

◆ルーザーズ
えいた選手(ケン)※
GO1選手(春麗)※
ネモ選手(バルログ)※
LI Joe選手(ナッシュ)

※選手は日本プレイヤー。

 会場でもっとも注目されたのは、やはり地元アメリカで唯一生き残ったLI Joe選手だ。彼はアメリカの対戦シーンに多大に貢献している人物であり、選手としての腕も超一流。ルーザーズ1回戦ではえいた選手を破る活躍を見せ、会場中から大熱狂の歓声を受けていた。
 続くルーザーズ準々決勝でYukadon選手に敗れると、その直後には地元テレビ局の生放送によるインタビューが挟まれる。インターネットストリーミングでは残念ながらどのようなコメントを残したかわからなかったが、やはり会場からは大歓声が送られた。

 グランドファイナルに進出したのは、ウィナーズ・ふ~ど選手、ルーザーズ・Infiltration選手のふたり。Infiltration選手はウィナーズファイナルでふ~ど選手に一度敗退しており、ストリーミング配信を見守る日本からはふ~ど選手を応援する声が多く上がっていた。
 対戦はミカの爆発力対ナッシュの立ち回り力、といった構図となる。強力なコマンド投げを有するミカは近距離でのラッシュ力を武器にナッシュを攻めるが、ナッシュは通常攻撃の置き技を的確に機能させて対応。試合の中盤から後半になるとナッシュの要所の投げや空対空が冴えはじめ、Infiltration選手がリセットに成功する。その後はミカを近づけない立ち回りが徹底されはじめ、爆発力を見事に防いだInfiltration選手が勝利となった。

 Infiltration選手は『ストV』の国際大会でほぼ負けなしの成績をあげており、名実ともに世界最強プレイヤーとなった。今後彼を止める選手が現れるか否か、『ストV』の対戦シーンに要注目だ。

<『ストV』部門上位結果>
優勝:INFILTRATION選手、準優勝:ふ~ど選手、3位:Yukadon選手、4位:GO1選手、5位:LI Joe選手 MOV選手 7位:えいた選手 ネモ選手

最終更新:7月19日(火)12時12分

ファミ通.com