ここから本文です

【Krush】前王者・牧平を下した山際「次期挑戦者に選んで欲しい」

イーファイト 7月19日(火)22時44分配信

 7月18日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.67』の一夜明け会見が、19日(火)都内で行われた。

【フォト】強烈な右ミドルを牧平に見舞う山際

 同大会のセミファイナルで、元Krush -67kg王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)を判定で下したBigbangウェルター級王者・山際和希(谷山ジム)が会見に出席。勝利の喜びを語るとともに、試合を振り返った。

 試合について、山際は「牧平選手にとっては、Krushの元チャンピオンとして臨む復帰戦。僕にとっては、谷山ジムとBigbang王者の看板を背負って臨む一戦でした。絶対に負けられない者同士、プライドとプライドがぶつかり合う素晴らしい勝負が出来たと思います」と評価。

「作戦が良い形ではまったので、勝利することが出来たと思いました。牧平選手が戦った昨年の-70kgの試合と、今年1月の-67kgの試合を比べると、明らかに-67kgの方が動けていなかったです。減量に苦しんでいるという情報があったので、3R以降にスタミナが切れてくると確信していました。1Rは防御主体、2Rは攻撃と防御が半々くらい、3Rからポイントを獲りにいくという戦い方をしました」と勝因を語った。

 また、戦前から注目して欲しいと自らアピールしていた右ミドルについても、「牧平選手の動きを見た時に、蹴りなら絶対勝てると思ったので、自分の右ミドルを信じて戦い抜きました。結果的に、蹴り勝つことが出来ましたし、観客の方にも右ミドルをアピール出来たと思います」と、さらに自信を深めたようだ。

 今回の勝利で連勝を9に伸ばし、まさに絶好調の山際。「-67kgの次期挑戦者に選んで欲しいです。そして、K-1でも67.5kg(新階級)でチャンスが頂ければ出場したいと思っています」と、Krush王座挑戦とK-1参戦をアピールした。

最終更新:7月19日(火)22時44分

イーファイト