ここから本文です

カズレーザーが小島よしお結婚を祝福 ベッキー所属事務所に久々「明るいニュース」

東スポWeb 7月19日(火)15時37分配信

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(32)、元柔道家でバラエティータレントの篠原信一(43)が19日、都内で行われた海外ドラマ「ヒーローズ・リボーン」(7月22日発売)のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席し、18日に7歳下のOLと入籍した小島よしお(35)を祝福した。

 カズレーザーは「先日、仕事でご一緒した際に『2日後に発表がある』と聞いていた。おめでたい。最近、確かに明るい感じはあったが、小島さんは普段から海パン一丁で平気で人前に出られる人。いつも幸せそうなんで。サンミュージック(不倫騒動のベッキー所属)にとっても、明るいニュース。いいんじゃないですか」とコメントした。

 先日のお笑いライブでは、小島が出番前に「ネタの終わりに結婚をにおわせてくるわ」と芸人仲間に言い残して舞台に上がり、出番の最後に「幸せになりま~す」と観客にあいさつしたという。

 一方、篠原は小島のネタ「おっぱっぴー」に引っ掛けて「はっぴっぴー」とやり、小島を祝った。

 その篠原は安藤なつ(35)の尻力に興味津々で、公開セクハラ的に安藤の尻にタッチ。その硬さに驚くばかり。安藤の「カンチョーされないようなガードの堅さ。うちの地元ではずっと、はやっていたから」とのもっともらしい説明に聞き入った。

 このような芸風が影響しているのか、間もなくリオ五輪が開幕するにもかかわらず、篠原の元にはいまだ解説の仕事のオファーが届いていない。篠原は「柔道の面白さを伝えたい。よろしくお願いします。早くしないと受け付けませんよ」などとテレビ各局に必死に呼びかけた。

最終更新:7月19日(火)15時37分

東スポWeb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。