ここから本文です

ロシア新車販売12.5%減…ルノーが18か月ぶりに増加 6月

レスポンス 7月19日(火)11時30分配信

欧州ビジネス評議会(AEB)は7月8日、6月のロシアにおける新車販売の結果を公表した。商用車を含めた総販売台数は、12万2633台。前年同月比は12.5%減と、18か月連続で前年実績を下回った。

画像:各社のロシア主力車

ブランド別トップは引き続き、ロシア自動車大手、アフトワズの乗用車ブランド「ラーダ」。6月は2万2229台にとどまり、前年同月比は16%減と、2か月連続で前年実績を下回った。販売の主力は『Granta』で、前年同月比48.5%減の7219台と、11か月連続で減少する。

2位は韓国のヒュンダイ傘下のキア。6月は1万2780台にとどまり、前年同月比は8%減と、3か月連続で減少した。コンパクトカーの『リオ』が、前年同月比4%減の8629台と、2か月ぶりに減少した。

3位は韓国のヒュンダイ。その販売台数は1万2001台で、前年同月比は2%減と、17か月連続で前年実績を下回った。小型セダンの『ソラリス』(海外名:『アクセント』)が、ロシア最量販車となる8676台。前年同月比は6.2%減と、4か月連続で減少した。

4位はルノー。6月実績は、前年同月比1%増の1万0075台と、18か月ぶりに増加。『ダスター』が、前年同月比12.9%増の3889台と、2か月連続で増加。『ロガン』は25.9%減の2870台と、16か月連続のマイナス。

5位はトヨタ。6月は7085台を販売。前年同月比は17%減と、2か月連続で前年実績を下回った。『RAV4』が2015台を販売。前年同月比は32.7%減と、2か月連続で減少した。

6位はフォルクスワーゲン。6月は6218台にとどまり、前年同月比は8%減と、2か月ぶりに前年実績を下回る。主力の『ポロ』が3605台を売り上げ、前年同月比は19.5%減と、5か月ぶりに前年実績を下回った。

日産は7位。6月は6009台にとどまり、前年同月比は33%減と、18か月連続の前年実績割れ。『キャシュカイ』が1672台。前年同月に対して、およそ2.4倍と5か月連続で増加した。

2015年のロシア新車販売は、160万1216台。前年比は35.7%減と、3年連続で前年実績を割り込んだ。2016年上半期(1-6月)は、前年同期比14.1%減の67万2140台にとどまっている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月19日(火)11時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]