ここから本文です

映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」ド迫力特報&新ビジュアル公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月19日(火)18時25分配信

「HiGH&LOW」プロジェクトの映画第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」が、10月8日より全国ロードショーされる。

【詳細】特報映像はこちら

かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び、最強と称された「雨宮兄弟」=雨宮雅貴(TAKAHIRO)、雨宮広斗(登坂広臣)。彼らは、1年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探し続けている。幼い頃に両親を失くした3兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。そして、両親の命日、消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった。尊龍は雅貴と広斗をおいて、なぜ突如姿を消したのか? ある目的を果たそうと目論む人々と、尊龍との関係が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明かとなる……。

今まで謎に包まれた雨宮兄弟の長男役には、今、最も注目を浴びる俳優・斎藤工。今作では、いつもよりさらにワイルドでカッコいい姿を披露。寄せられたコメントには、「いち視聴者として勝手にキャスティング予想をしていた立場だったのでお話しをいただいたときは驚きました」と明らかにし、「“あのお二人”の兄貴は到底務まらない、そんな不安との戦いでもありましたが、TAKAHIROさん、登坂さん、山口監督に助けられながら盤石な体勢で作品に臨めたと思っています」と、強い意気込みを語る。

そして、このたび、雨宮3兄弟の最強で最高の絆の物語の幕明けで、さらにグレードアップした「HiGH&LOW THE RED RAIN」のド迫力特報映像&新ビジュアルが解禁。特報映像では、最強の雨宮3兄弟の長男・尊龍役の斎藤工の華麗なるアクションシーンや、ガラスを破るシーンなど、ド派手なアクションシーンが垣間見れるほか、最後、雅貴と広斗に扮したTAKAHIROと登坂広臣の泣き叫ぶシーンまで、目を離せない珠玉のシーンが続々登場。最後の「強く、生きろ。」という強烈かつインパクトのあるキャッチコピーで、さらなる期待が高まる。

斎藤工(雨宮尊龍 役) コメント
「HiGH&LOW」シリーズは様々なメディアミックスによるエポックメイキングな作品で、客観的に注目させていただいていました。そして雨宮兄弟の長男は誰が演じるのだろうと、いち視聴者として勝手にキャスティング予想をしていた立場だったので、お話しをいただいたときは驚きました、と同時にこのプロジェクトに加われる喜びを感じました。しかし生半可では“あのお二人”の兄貴は到底務まらない、そんな不安との戦いでもありましたが、TAKAHIROさん、登坂さん、山口監督に助けられながら盤石な体勢で作品に臨めたと思っています。

映画情報
映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」
10月8日(土) 全国ロードショー
(C)2016「HiGH&LOW」製作委員会

リリース情報
2016.06.15 ON SALE
ALBUM『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』

「HiGH&LOW」OFFICIAL WEBSITE
http://high-low.jp/

最終更新:7月19日(火)18時25分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。