ここから本文です

ソウル・デュオ“武田と哲也”が結成10年目にして初作品をリリース 6年ぶりワンマンも決定

CDジャーナル 7月19日(火)16時28分配信

ソウル・デュオ“武田と哲也”が結成10年目にして初作品をリリース 6年ぶりワンマンも決定

ソウル・デュオ“武田と哲也”が結成10年目にして初作品をリリース 6年ぶりワンマンも決定

 2006年夏にSkoop On SomebodyのTAKEとゴスペラーズの村上てつやが結成したソウル・デュオ“武田と哲也”が、7月16日、17日の2日間に亘り東京・国際フォーラム ホールAにて開催された鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyを中心とするライヴ・イベント〈SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2016〉に出演。同公演のステージにて、結成10年目にしてデビュー作となるミニ・アルバム(タイトル未定)のリリースを発表。初回生産限定盤(CD + DVD KSCL-2784~5 3,000円 + 税)、通常盤(CD KSCL-2786 2,000円 + 税)の2形態で10月5日(水)の発売が決定しています。

 2人の本名を繋げると“武田哲也”となることから、鈴木雅之が命名したという“武田と哲也”。現在、7月23日(土)、24日(日)にグランキューブ大阪にて〈SOUL POWER なにわ SUMMIT 2016〉が開催される〈SOUL POWER 2016〉会場でデビュー・ミニ・アルバムの特別先行予約が実施されており、予約特典として「SOUL POWER 限定予約特典 武田と哲也ポストカード2枚セット」が付属。

 また10月には6年ぶりのワンマン・ライヴ〈SOUL POWER presents“シルクの似合う夜 part5”〉を東名にて開催することも決定。10月5日(水)東京・ディファ有明、6日(木)愛知・名古屋 Zepp Nagoyaの2公演が発表されています。詳しくはオフィシャル・サイト(www.sonymusic.co.jp/artist/takedatotetsuya)にてご確認ください。

最終更新:7月19日(火)16時28分

CDジャーナル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。