ここから本文です

テミン 23歳の誕生日に自身初のソロShowcaseを開催、生涯で一番大きいケーキに感激

エキサイトミュージック 7/19(火) 11:00配信

SHINeeのテミンがグループ初の日本ソロデビューを記念して、都内で、『テミン Premium Showcase「さよならひとり」』を開催した。会場には7月27日発売の1stミニアルバム『さよならひとり』を予約して応募・当選したファンがテミンの日本ソロデビューのお祝いに集まった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Showcaseがスタートすると、オープニング映像が流れ、会場からは歓声が起こり、今か今かと本人登場の期待感に包まれた。そして、本人が登場すると、会場は割れんばかりの大歓声が起こった。

進行役のMCが登場し、テミンを改めて紹介すると、ソロデビューへのお祝いの言葉や歓声が飛び交い、中には嬉しさのあまり泣き出すファンも。テミンもそんなファンを目にして、笑顔で声援に応えた。

MCから今回のShowcaseに関しての説明があった後、『さよならひとり』に関してのトークがスタート。全体の世界観に関して、テミンは、「SHINeeでは見せることのできなかった新しい世界観を表現できたらと思いました。5曲それぞれを通して、僕の内面の姿をみせることができればと思ってます。ぜひ、聴いてください!」と、作品への熱い思いを語った。

続いて、今回の作品に携わった菅原小春さんらクリエイターからのコメントが紹介されると、テミンはダンスに関して「小春さんが曲をイメージして振り付けをしてくれました。力強く、圧倒されましたが、一生懸命覚えて、その力強さの中に、歌詞の切ない世界観を繊細に表現できるように努力しました。皆さんにも伝わると嬉しいです」と恐縮しながら感想を語った。その後、収録曲の説明を1曲1曲丁寧にMCと話をして楽曲への熱い想いをファンに伝えた。

楽曲に関してのトークが終了したところで、MCがテミンの誕生日の話に触れると、一斉に会場中のファンが「HAPPY BIRTHDAY!テミン」のメッセージカードを掲げ、「ハッピーバースデイ♪」を全員が歌唱。サプライズで特大ケーキ(W60cm×D90cm)がステージに運ばれ、会場はいっきにテミンの誕生日のお祝いムードに包まれる。テミンは恥ずかしそうに、ファンからのサプライズを喜んだ。

お祝いムードに包まれた会場中のファンに「すごく嬉しいです! いままでもらったケーキの中で一番大きいです。本当にありがとうございます!」と驚きながら、感謝の言葉を伝え、パフォーマンスの準備のため、ステージを後にした。

誕生日ムードから一転ライブパートになり、MVのメイキングなど貴重な映像が流れた後、ついに「さよならひとり」のパフォーマンスがスタート。パフォーマンスでは、テミンからファンにサプライズが。MVで着ていた黒の衣装の色違いホワイトバージョンの衣装に身を包んだテミンが登場。初めて見る衣装とその姿に会場中から歓声が上がった。

パフォーマンスがスタートすると、菅原小春が手掛けたダンスに歌詞の感情を込めて表現するテミンの鬼気迫るパフォーマンスに会場全体が息をのんだ。そして、パフォーマンスが終了すると会場は歓喜の大歓声に包まれ、その流れのまま、ブルーノマーズが手掛けた「Press Your Number(Japanese Version)」のパフォーマンスへ突入。ひとりで表現する「さよならひとり」とは違い、ダンサーを従え、キレのあるダンスを披露するテミンに会場が酔いしれた。パフォーマンスは2曲で終了したが、詰めかけたファンはテミンの最高のパフォーマンスに満足した様子で、笑顔あふれていた。

当日は、見事当選した東京会場(2部制)と全国8ヶ所のライブビューイング(第2部のみ)の2回公演トータル8,000人がテミンのソロデビューと誕生日をお祝いした。

≪リリース情報≫
1st Mini Album
『さよならひとり』
2016.07.27リリース

【初回限定盤】CD+DVD
UPCH-29223 / ¥2,980(税抜)
【通常盤】CD
UPCH-20424 / ¥2,380(税抜) 

[収録曲]
1. さよならひとり
2. Press Your Number(Japanese Version)
3. TIGER
4. FINAL DRAGON
5. 世界で一番愛した人
<DVD> ※初回盤のみ収録
・さよならひとり Music Video
・Press Your Number Music Video(Korean Version)
・Inside of 「さよならひとり」

最終更新:7/20(水) 10:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]