ここから本文です

マイケル・ジャクソン、エマへの結婚願望…自宅に切り抜きも

シネマトゥデイ 7月19日(火)20時2分配信

 マイケル・ジャクソンさんが『ハリー・ポッター』シリーズで知られる女優エマ・ワトソンとの結婚願望を抱いていたという。英Metroなど海外メディアが報じた。

【写真】『ハリポタ』デビューした頃のエマ・ワトソン

 同サイトによると、マイケルさんの元専属医コンラッド・マーレイ氏が執筆した暴露本「This Is It」で、「マイケルは女優のエマ・ワトソンにすっかり夢中になっていることを僕に語ってくれました。彼女がわずか11歳で、2001年の『ハリー・ポッター』1作目に出演したときから、マイケルは彼女に恋していたのです」と明かしたそうだ。

 しかしその後、『小さな恋のメロディ』などで子役として活躍したマーク・レスターの娘ハリエットちゃんに恋したことで、エマは2番手にまわったという。マーレイ氏は「ハリエットと上手く行かなかった場合の、第2のお嫁さん候補がエマでした」とつづり、ロサンゼルスにあるマイケルさんの自宅にはエマの切り抜きもあったとしている。

 マーレイ氏は、2009年6月に急死したマイケルさんに不適切な量の麻酔薬を投与し、死に至らしめたとして、2011年に過失致死罪で有罪判決を受けた。4年の刑期を半分ほど務めた2013年に早期釈放された。同暴露本では、マイケルさんがイギリス・ロンドンのO2アリーナで予定されていたコンサート「THIS IS IT」を控えていた当時、ハリエットちゃんとの結婚の可能性について話し合いをすべくレスターを訪ねようとしていたことなどについても書かれているという。(編集部・石神恵美子)

最終更新:7月19日(火)20時2分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。