ここから本文です

LAID BACK OCEAN メジャーデビュー“未遂”&メンバー公募、8月からの連続リリースを発表

エキサイトミュージック 7/19(火) 11:45配信

LAID BACK OCEANが、5回目となる海の日限定ライヴ『海のヒィィィィィ』を昨日7月18日(月・祝)に開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

会場は、完全満員御礼状態の渋谷eggman。メンバー脱退直後、急きょサポートのピアニストを迎えて臨むこのワンマンライブが、果たしてどんな内容になっていくのか? 会場に詰めかけたファンが見守る感じになるのも仕方のないことだろう。

だが、さすがはここまでに幾つもの荒波を超えてきたLAID BACK OCEAN、意表をついたYAFUMI(Vo)のピアノ弾き語りでライブをスタートし、3曲目の「イマワノ_ラヴ」ではYAFUMIが会場を海原に見立ててビーチ用のエアーマットにダイブし、ファンの支えのもと場内を一周。立ち上がり固かった会場の雰囲気を歓声と笑顔で一変させる。以降はメンバー一丸となった自在のグルーヴでいつも以上のキレキレなパフォーマンスを発揮していった。

また終盤のMCで驚愕の事実がYAFUMIよりもたらされることになった。

「今日は重大発表があります。我々LAID BACK OCEANの、メジャーデビューがなくなりました!」

普通なら黒歴史としてでも扱われそうな事実を、こんなにもあっけらかんと、わざわざ公に発表してしまうとは!

「いやー、世知辛いねぇ(笑)。この前のワンマンで、デビューします!ってみんなの前で言ったのに(苦笑)。でも、俺たちは終わってやらねーから! まだまだやるでしょ!! そういうワケで、俺たちはここから8月、9月、10月と連続で新音源を発表していくんで、ヨロシク!!」

より自由な活動を目指す彼らがこの夏からスタートするのは「Re:SOUZOU PROJECT」。音源の届け方、パッケージの仕方も含めてメジャー流通では中々実現できないことにメンバー発信でトライしていく。

また同時に10月7日、代官山UNITでのワンマンライブと秋ツアーの開催も発表された。

「そうそう。今日からLAID BACK OCEANは、ピアニストを公募します。つまりみんなもメンバーになれるチャンスっだっていうこと。よろしくな! 面白くなるのはここからだ!!」

新メンバーは代官山UNITのステージに立つことが結果発表になるというスピード感だ。

吹き荒れる逆風さえをも大胆不敵に利用して、どんな状況であってもひたすらに前へ前へと進もうとする、LAID BACK OCEANの底力。それを原動力とした彼らの思い描く理想像が奇跡を起こす日は近いだろう。

≪セットリスト≫
1.SHINE       
2.カップラーメンジェネレーション
3.イマワノ_ラヴ
4.MY STORY
5.PUNK
6.ゴールデンバード
7.何も起こらない日の希望
8.STAR RAIN ~空のおちこぼれ~
9.ぬけがらの詩     
10.しんぱいきのう
~Interlude (Piano)~
11.BEAUTIFUL
12.MOTHER OCEAN
13.wataridori
14.サーチライト
15.RE:SOUZOU
16.TOKYO-no turning back now- (Ocean's Day Ver.)
<ENCORE>
1.カップラーメンジェネレーション
2.明日からの旅                       

≪リリース情報≫
“RE:SOUZOU PROJECT”
1stパッケージ「奇跡」 8月23日発売
2ndパッケージ「童貞」 9月発売
3rdパッケージ「想像」10月発売

≪ライブ情報≫
2016年10月7日(金)代官山UNIT

■■メンバー(ピアニスト)公募
情熱的で最高のピアノを弾く正式メンバーを募集。
10月7日(金)代官山UNITでのワンマンライブが新体制での初ライブになります。
応募〆切:2016年8月15日(月)

最終更新:7/20(水) 11:30

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]