ここから本文です

中日あの手この手で「広島県で全敗」脱出だ

東スポWeb 7月19日(火)16時48分配信

 広島に敗れた中日は3連敗で借金が今季ワーストの7となった。このカードの対戦成績はこれで4勝9敗1分けとなったが、真っ赤に染まった鯉党の大声援が飛ぶ敵地・マツダスタジアムでは5戦5敗。谷繁元信監督(45)は「こういう勝ち方をするし(マツダスタジアムには)雰囲気はある。ただ、雰囲気があるからといって負けてもいいということにはならない」と怒りをにじませた。

 中日は4月12日の呉市二河野球場での広島戦にも負けており、今季はここまで広島県で全敗。これだけ勝てないとさすがに気になるのだろう。“鬼門”の克服に向けてチーム内からはとうとう、こんな声まで出てきた。「首位を走っている広島の本拠地で、これだけ弱いのはちょっとまずい。こうなったら“広島に勝つ”ということで、広島風のお好み焼きやつけ麺、尾道ラーメン、もみじまんじゅうといった広島名物を食べるとか、こじつけでも何でもいいからやってみるしかない」とチーム関係者。別の関係者も「とうがらしや、リンゴにトマトなど何か赤色の物を食べて『よし、赤を食ってやった』と暗示をかけてみるよ。バカらしいかもしれないけど、これだけここでの相性が悪いとゲン担ぎでも何でもいいからやってみようと思う」と真顔で話すのだ。

 今季マツダスタジアムでは残り7試合(18日現在)。中日の“あの手この手”は“神ってる”広島に通じるか。

最終更新:7月19日(火)16時48分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]