ここから本文です

マービン・ゲイのドキュメンタリー製作へ 「ホワッツ・ゴーイン・オン」秘話描く

映画.com 7月19日(火)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 不世出のR&Bシンガー、故マービン・ゲイさん(1939~84)の長編ドキュメンタリー映画「Marvin, What’s Going On?(原題)」が製作されることになった。

 タイトル通り、1971年の名盤「ホワッツ・ゴーイン・オン」(および同名シングル)の制作の舞台裏を中心とした内容になる。米バラエティによれば、本プロジェクトはゲイさんの子どもたちや元妻ジャニス・ゲイら遺族の全面的なサポートを得た、初の公認ドキュメンタリーだという。

 米Noah Media Groupと米Greenlightの製作で、「スティーヴ・マックィーン その男とル・マン」のジョン・マッケンナがプロデュース、同共同監督のガブリエル・クラークとトークィル・ジョーンズが監督を務める。

 今年中にデトロイト、ロサンゼルス、ワシントンD.C.などで現存するモータウンのトップスターたちのインタビューを始めとする撮影を行う。また、遺族提供の貴重な未公開映像も含まれる見込みだ。2017年の公開を予定。

最終更新:7月19日(火)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。