ここから本文です

「スター・トレック BEYOND」のスールーはゲイ ジョン・チョウが明かす

映画.com 7月19日(火)23時30分配信

 [映画.com ニュース] J・J・エイブラムスがリブートした「スター・トレック」シリーズに、ヒカル・スールー役で出演している俳優ジョン・チョウが、最新作「スター・トレック BEYOND」でスールーがゲイとして描かれていることを明かした。

 スールーはエンタープライズ号の主任パイロットで、主要キャラクターの1人。リブート前は、日系俳優ジョージ・タケイが演じていたことで知られる。豪ヘラルド・サン紙のインタビューに応じたチョウによれば、最新作のジャスティン・リン監督と脚本を手がけるサイモン・ペッグが、スールーを「スター・トレック」シリーズ初のLGBTキャラクターとして描く決断を下したそうだ。これはゲイを公表し、LGBTアクティビストとして活動しているタケイへの敬意の印だという。

 「スター・トレック」シリーズでは、1994年の映画「ジェネレーションズ」でスールーの娘デモラが登場した以外、スールーにパートナーがいるのかなど、プライベートについて多くは明かされていなかった。最新作では、衝撃的にゲイを告白するわけではなく、優しい夫・父であるスールーがごく自然に描かれるようで、そのアプローチに賛同したとチョウは語っている。

 「スター・トレック BEYOND」は7月20日にサンディエゴ・コミコンでワールドプレミアが開催され、監督・キャストが登壇し、屋外IMAXスクリーンで上映される。7月22日から全米公開、10月21日から日本公開。

最終更新:7月19日(火)23時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。