ここから本文です

すい星でかすぎて地球が危ない 「暴れん坊将軍9」伝説の「江戸壊滅の危機! すい星激突の恐怖」が早くも再放送決定

ねとらぼ 7月19日(火)11時13分配信

 一部のファンの中で「伝説の回」「神回」と呼ばれている「暴れん坊将軍9」のエピソード「江戸壊滅の危機! すい星激突の恐怖」が7月25日4時から再放送されます。これは早起きしなくては!

【翌日の「燃え上がる恋の炎!出世を捨てた若大名」も気になる】

 江戸城で天文方役人・内田幸之助と彗星を観察していた吉宗は、その動きが気になり、一時も目を離さず観察を続けるよう幸之助に命じます。吉宗は“万が一この彗星が大地に激突するのでは”と恐れているが、彦右衛門はまるで信じようとはしません。吉宗は、その可能性を確かめるべく長崎に住む天文学者・西川如見を呼び寄せるために使者を送った……という内容。時代劇ではありますが、実際は特撮だったりします。すい星、でかいです。江戸の危機というより地球のピンチ。将軍様でもさすがにこれはどうしようもないのではないかとハラハラドキドキすること請け合いです。

 再放送されるのは月~金曜4時からの「おはよう!時代劇」枠。同エピソードは1999年に放送されたもので、2015年9月にも再放送されており、わずか数カ月での再放送となりました。何回目かの江戸(地球)の危機ですが、果たして将軍様はすい星による江戸壊滅を避けることができるのか? もしかしたら今度こそ直接対決があるのかもしれないと期待しつつ(※たぶんありません)、朝に備えたいと思います。

最終更新:7月19日(火)11時13分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。