ここから本文です

関西学院、センバツ8強の明石商に善戦も、力尽きる…

デイリースポーツ 7月19日(火)11時43分配信

 「高校野球兵庫大会・3回戦、明石商4-0関西学院」(19日、明石トーカロ球場)

 関西学院は明石商の猛攻に耐え、五回まで0-0の接戦に持ち込んだものの、終盤に力尽きた。

 立ち上がりから2年生右腕の高木駿投手(2年)が好投。キレのある直球と多彩な変化球で、走者を背負っても粘り抜いた。だがグラウンド整備後の六回、先頭打者に四球を与えると、2死三塁から内角直球を左翼線へはじき返された。ここで伊原木輝投手(2年)にスイッチしたが、ソツのない明石商打線を止められなかった。

 広岡正信監督は「高木はよく頑張ってくれた。最初は3、4回投げてくれればと思っていたけど、5回までゼロで行ったんで」と高木の奮闘をたたえ、「なかなか(6回の)四球一つでは変えられなかった。ずっとゼロで来ていたので」と唇をかんだ。

最終更新:7月19日(火)11時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報