ここから本文です

横浜のスーパー1年生・万波が衝撃の135メートル公式戦初アーチ!

デイリースポーツ 7月19日(火)11時50分配信

 「高校野球神奈川大会・3回戦、横浜12-0松陽」(19日、横浜スタジアム)

 横浜のスーパー1年生、万波(まんなみ)中正外野手が、衝撃の公式戦初本塁打を放った。

 「8番・右翼」で2試合連続のスタメン出場。2点をリードした二回無死の第1打席で、2ボール1ストライクからの4球目をフルスイングすると、グングン伸びた打球はスコアボード下部の広告を直撃。推定135メートルの特大弾となった。

 「夏の大会でホームランを1本打ちたいと思っていたので、出てうれしかった」と、満面の笑み。コンゴ出身の父を持ち、190センチ、92キロの体格を誇り、パワーは桁外れだ。

 チームとしても3本塁打を放って五回コールド勝ち。万波は「まだまだいける手応えはある。まだまだ伸ばしていきたい」と、力強かった。

最終更新:7月19日(火)14時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]