ここから本文です

函館本線山線経由の特急『ニセコ』運転 8月29日から

レスポンス 7月19日(火)17時30分配信

JR北海道は7月19日、札幌~函館間で臨時特急『ニセコ』を8月29日から運転すると発表した。同区間の結ぶ特急『北斗』『スーパー北斗』は太平洋側の苫小牧や室蘭を経由しているが、『ニセコ』は日本海側の倶知安やニセコを経由する。

[関連写真]

主な停車駅の時刻は、上りが札幌7時57分発~小樽8時45分発~倶知安10時03分発~ニセコ10時17分発~長万部11時35分発~新函館北斗12時58分発~函館13時15分着。新函館北斗駅では、同駅を13時35分に発車する東京行き新幹線『はやぶさ24号』に接続する。

下りは函館13時56分発~新函館北斗14時19分発~長万部16時00分発~ニセコ17時15分発~倶知安17時33分発~小樽18時48分発~札幌19時27分着。新函館北斗駅では東京駅を9時36分に発車する『はやぶさ11号』から乗り継げる。

車両はキハ183系特急形気動車の団体・臨時列車用の車両「ニセコエクスプレス」を使用。3両編成(定員152人)で1号車(札幌方)と2号車が指定席、3号車(函館方)が自由席になる。倶知安~昆布間では地元の観光協会スタッフが乗車し、特産品の販売を行う。また、余市駅と長万部駅では、函館行き上り『ニセコ』の発着にあわせ、ホームで特産品の販売がある。

運転期間は8月29日から9月7日まで。JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定で発売される割引切符「北海道新幹線開業記念 大人の休日パス」(2万6000円)の利用可能期間にあわせて設定された。この切符では利用可能期間内の連続する5日間に限り、JR北海道とJR東日本の全線が自由に乗り降りできる。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:7月19日(火)17時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]