ここから本文です

「ドリー」「HiGH&LOW」動員数上位に、「ズートピア」連続ランクイン記録に幕

映画ナタリー 7月19日(火)15時3分配信

7月16日から17日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ファインディング・ドリー」が初登場1位に輝いた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ディズニー / ピクサーが手がけた「ファインディング・ドリー」は、2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編。ナンヨウハギのドリーが、自身の家族を探すためカクレクマノミのマーリンやニモたちとともに大冒険を繰り広げる。字幕版および日本語吹替版の海洋生物監修をさかなクンが務めたほか、日本版エンディング曲を歌う八代亜紀が本人役で声の出演も果たしている。

そして第2位は、EXILE HIROが企画とプロデュースを担当したエンタテインメントプロジェクトの劇場版「HiGH&LOW THE MOVIE」。7月16日に開催された初日舞台挨拶では、第2弾が10月8日に公開されると発表され、新キャストとして斎藤工が参加することも明らかになった。

第3位には松岡茉優がゲスト声優を務めた「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」がランクイン。1位から3位までを初登場作品が占める結果となった。

なおロングヒットが続いていた「ズートピア」は、7月15日より順次上映終了に。4月23日の公開より12週間連続でトップ10にランクインするという記録に幕を下ろした。

2016年7月16日~17日の全国映画動員ランキングトップ10
(NEW)「ファインディング・ドリー」
(NEW)「HiGH&LOW THE MOVIE」
(NEW)「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」
(1↓ / 2週目)「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」
(2↓ / 3週目)「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
(3↓ / 4週目)「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
(5↓ / 3週目)「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」
(6↓ / 7週目)「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
(7↓ / 5週目)「貞子vs伽椰子」
(8↓ / 6週目)「64-ロクヨン- 後編」
※()内は先週の順位と公開週数※興行通信社調べ

最終更新:7月19日(火)15時57分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。