ここから本文です

同人誌印刷で知られるグラフィック、8985件の個人情報流出の恐れ

ITmedia ニュース 7月19日(火)12時59分配信

 同人誌の印刷などのインターネット印刷通販事業を手掛けるグラフィックは7月19日、顧客情報の入ったデータベースが不正アクセスを受け、8985件の個人情報が流出したと発表した。現時点で悪用などの被害報告はないという。

【グラフィックのWebサイトより】ユーザーへの注意喚起の内容

 流出した可能性がある個人情報は、法人名、住所と氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレス、同社WebサイトにログインするためのID・パスワード、印刷物に記載するための宛先情報など。クレジットカード情報の流出はないという。

 7月1日、同社サービスの決済代行会社から指摘を受け調査したところ、外部(外国籍サーバ)からの不正アクセスによって顧客情報が流出したことが判明。外国籍サーバからのアクセスを遮断し、継続的に外部からの不正アクセスを監視しているという。流出した顧客情報を正確に把握できておらず、調査専門会社に依頼し、詳細を調査中としている。

 対象となる顧客には、謝罪と経緯の説明、二次被害の注意喚起を順次メールで連絡するという。現在のところ、個人情報の悪用は確認していないが、不審な点があれば同社の窓口まで連絡するように呼び掛けている。同社Webサイトにログインする際のパスワードも変更するように求めている。

最終更新:7月19日(火)14時13分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]