ここから本文です

ジョルダンと富士通がAI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始 遅延の拡大・収束の予測も

ねとらぼ 7月19日(火)13時6分配信

 ジョルダンは提供している乗換案内サービスに関して富士通と協力し、AI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始したと発表しました。実証期間は9月末を予定しており、対象路線は関東地区の138路線となっています。

【遅延の拡大・収束の予測も】

 この実証実験は、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL(フジツウ インテリジェント ソサエティ ソリューション スペーシオウル)」から提供される走行車両や人・施設の情報を使用。同サービスには人工知能技術を適用したエンジンが用いられており、鉄道運行に関する乗換案内サービス利用者の投稿情報や鉄道運行情報を学習することで、より高い精度の遅延情報予測を可能に。これによって従来よりタイムリーに正確な遅延予測時間を知ることができるようになり、遅延の拡大や収束の予測も可能になるそうです。

 ジョルダンおよび富士通は、この実証実験によってAIによる遅延予測の有効性の検証や、予測精度の向上を図っていくとしています。

最終更新:7月19日(火)13時6分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]