ここから本文です

あの未来都市感は何だったのか NHK「歴史秘話ヒストリア」で大阪万博特集

ねとらぼ 7月19日(火)13時11分配信

 NHKの歴史探訪番組「歴史秘話ヒストリア」7月22日放送回で、1970年開催の大阪万博が取り上げられます。70年代の熱気が伝わる貴重な映像が登場するようです。

【東京オリンピックと並ぶ戦後の一大イベント・大阪万博とは何だったのか】

 東京オリンピックと並ぶ戦後の一大イベント・大阪万博。「人類の進歩と調和」をテーマに、太陽の塔や奇抜さを競うように並んだパビリオン。長蛇の列を作った“月の石”、21世紀を先取りした最先端技術の公開と、未来を予感させる出し物の数々に人々は熱狂。その魅力に世界77カ国から6400万人が会場に足を運んだといわれます。

 万博成功の裏には、太陽の塔をデザインした岡本太郎氏を筆頭に、パビリオンの設計からコンパニオンの制服デザインにまで至る新進気鋭のクリエータたちによる意欲的なチャレンジ精神がありました。万博が目指した真の成功とは何だったのか、当時の体験者の証言などを交えて迫ります。

最終更新:7月19日(火)13時11分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。