ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】『バウンド:王国の欠片』“トラウマ”によって生み出された世界の中を駆け巡れ(2016年7月21日発売号)

ファミ通.com 7月19日(火)18時2分配信

●バレエで舞い踊るかのようなアクションが特徴
 週刊ファミ通2016年8月4日号(2016年7月21日発売)では、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアのプレイステーション4用ダウンロードソフト『バウンド:王国の欠片』を新作スクープとして掲載。ゲームの舞台となるのは、ある妊婦の内面世界。プレイヤーを妨害するように出現するオブジェクトをかいくぐり、幼少期の“トラウマ”を解消していくのだ。

 詳細は週刊ファミ通2016年8月4日号(2016年7月21日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

最終更新:7月19日(火)18時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。