ここから本文です

工藤会幹部、釜山の潜伏先で逮捕…麻薬・拳銃所持=韓国

WoW!Korea 7月19日(火)15時47分配信

日本の特定危険指定暴力団工藤会所属の中堅幹部が拳銃と麻薬を所持し釜山に潜伏していたところ、韓国警察に逮捕された。

 釜山地方警察庁麻薬犯罪捜査隊は、麻薬類管理法と火薬類管理法違反容疑で工藤会の在日コリアンA氏(44)を逮捕したと19日、明らかにした。

 A氏はメタンフェタミン956グラム(時価31億8000万ウォン相当)を日本へ密輸するために潜伏先に隠しておき、ロシア製拳銃「TT-33」1丁と実弾所持容疑を受けている。

 警察の調査結果、2015年1月26日に韓国へ入国したA氏は日本にいる麻薬販売業者C氏(48)から「中国から入ってきたメタンフェタミンを日本へ送れば、販売代金の20%を渡す」という提案を受け、国際運送業に従事するB氏(54)からメタンフェタミン薬1キロを渡され、自身の潜伏先に保管してきたことが確認された。

 拳銃は昨年9月、日本から輸入された旅客貨物船に隠し、釜山港を通じて入ってきたものと調査された。

 A氏が中国から日本へ輸出される貨物税関検査が強化されると、韓国を経由する手段が良いと判断し、麻薬と拳銃を密輸したことが調査でわかり、韓国の貨物税関検査の不手際も指摘されている、

 検察によるとA氏は工藤会の元組長が亡くなり、残した遺産や建物の名義をめぐり、遺族と争いを広げたが、遺族が日本の警察庁に脅迫および恐喝未遂容疑で通報し、追われる身となった。

 A氏が日本を離れ韓国に入国してから2日後の昨年1月28日、日本の警察庁は国際刑事警察機構(ICPO)に協力を要請し、A氏を指名手配した。

最終更新:7月19日(火)15時47分

WoW!Korea