ここから本文です

調印式は挑発戦、どうなる?和気のリーゼント

デイリースポーツ 7月19日(火)13時49分配信

 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦」(20日、エディオンアリーナ大阪)

 調印式と前日計量、ルールミーティングが19日、大阪市内で行われた。グローブは同級1位の和気慎吾(28)=古口=が日本製8オンスを、同級2位のジョナタン・グスマン(27)=ドミニカ共和国=はメキシコ製8オンスを使用。計量は和気が100グラムアンダーの55・2キロ、グスマンが500グラムアンダーの54・8キロでともに一度でクリアした。

 ともに世界初挑戦。和気は「調印式を終えて、緊張感が出て来た。上がりすぎないよう、いつも通りの自分で闘う。リーゼントも気合を入れて仕上げてきました」と、臨戦態勢だ。一方のグスマンも「すべての力を注いで頑張る。しっかり仕上げてきた。(和気は)あおむけに倒れると思う」と21勝(21KO)無敗の戦績を強調した。

 和気はここまで「リーゼントが崩れる前に決めたい」と繰り返してきた。それを伝え聞いたグスマンは「美しいし、きれいだけど、ドミニカにあんな髪型はない。形を崩したくないなら、最初から崩してきた方がいい。だってグシャグシャになるからね」と、リーゼント破壊宣言だ。

 計量後のツーショットで、フェースオフのリクエストに応えたが、和気は苦笑い。「顔を近づけてきてにくたらしかった。女の子とならいいけど、男とああいうのは好きじゃない。うざかった。早くブチのめしたい」とKO予告。

 リング入りのプランも完成した。和気は「氣志團」のファンで、綾小路翔(40)とは数年来の友人。予備検診で着た「不良」Tシャツをプレゼントしてくれたのも綾小路で、世界戦の入場曲には「One Night Carnival」を選んだ。ガウンには特製の学ランを着る。

最終更新:7月19日(火)19時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]