ここから本文です

【スーパーフォーミュラ 第3戦】2日間で3万5100人を動員、昨年を上回る来場者数に

レスポンス 7月19日(火)19時45分配信

7月16・17日に富士スピードウェイで開催された2016全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦。2日間を通して3万5100人が来場した。

[関連写真]

今年も3連休中に開催された富士ラウンド。週末を通して天気が安定しなかったこともあり、客足も鈍るのではないかという心配もあったが、終わってみれば昨年(3万700人)を上回る3万5100人。特に決勝日22800人を記録。グランドスタンドを始め、各コーナーには多くのファンが詰めかけていたほか、ピットウォークやグリッドウォークにも多くのファンが参加。今年はストフェル・バンドーンを始め、多くの注目ドライバーが参戦しているほか、ハイレベルなレースに注目しているファンが増え始めてきている模様だ。

場内ではEnjoyHondaも開催しホンダ『RA300』やマクラーレン・ホンダ『MP4/4』が展示。されたほか、マシンへの乗り込み体験やタイヤ交換体験のコーナーも設けられ賑わった。

また日曜日には各チームを応援する「ゆるキャラ」たちも登場。特に今回は伊沢拓也(REAL RACING)のピットにHondaCars川崎のマスコットキャラクター「イフレくん」が登場。サーキットでは初登場のキャラクターということもあり、注目を集めていた。この他にも、KONDO RACINGを応援するこぐまのコディやTOYOTA GAZOO RACINGではおなじみのキャラクターとなっている「くま吉」も

さらにオフィシャルステージでは、小林可夢偉、中嶋一貴、中嶋大祐のトークショーも開催。これには多くのファンも集まり大盛り上がりとなった。

次回のスーパーフォーミュラは8月20・21日にツインリンクもてぎで第4戦が開催される。今年は3レースを終えてポイントランキングが例年にないほど接戦となっており、次回も目が離せないバトルが期待できそうだ。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月19日(火)19時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。