ここから本文です

美術手帖増刊でバンド・デシネ特集、インタビューに松本大洋やヤマザキマリ

コミックナタリー 7月19日(火)16時40分配信

本日7月19日、美術手帖(美術出版社)の8月号増刊としてバンド・デシネの特集号が発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

誌面では活躍中のバンド・デシネ作家やその作品をビジュアル満載で紹介。さらに入門者のための基礎Q&Aや、日本のマンガとバンド・デシネの関係についても掲載する。またインタビューには、谷口ジロー、松本大洋、ヤマザキマリ、五十嵐大介などといった日本のマンガ家も登場した。

なお7月22日から9月25日まで東京・森アーツセンターギャラリーでは、ルーヴル美術館監修の特別展示「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」を開催。バンド・デシネ作家らが、ルーヴル美術館をテーマに描いた作品が飾られる。これまで馴染みがなかった人も、展示会の前に同誌で予習してみては。

最終更新:7月19日(火)16時40分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。