ここから本文です

再び借金12の阪神・金本監督「もっと打者は駆け引きしないと」

東スポWeb 7月19日(火)22時35分配信

 最下位の阪神は19日の巨人戦(甲子園)に1―6と完敗し、借金は再びワーストタイの12となった。今季、甲子園での「伝統の一戦」は0勝5敗1分けといまだ白星がなく、巨人には2カード連続で負け越した。

 金本監督は「(先発の)能見が組んでみたいと言ったから」という理由で、ドラフト2位ルーキー・坂本をプロ初出場初スタメンで起用。ところが、その能見が今季最短の2回3分の2、6失点で早々とKO。指揮官は試合をぶち壊したバッテリーに揃って交代を命じるしかなかった。

 試合後、金本監督は「もっと打者は(投手と)駆け引きしないと…。漠然と甘い球を待っていてもこない」と内海に11三振を喫した打線を非難。甲子園で巨人戦に勝てないことには「勝ちにいくだけだから。全力を尽くして…」というのが精一杯だった。

最終更新:7月19日(火)22時35分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報