ここから本文です

韓国人被告の母が明かす再入国の理由 靖国爆発音事件

聯合ニュース 7月19日(火)17時4分配信

【群山聯合ニュース】東京都内の靖国神社内のトイレで爆発音がした事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国人の男(28)の母親が19日、聯合ニュースの取材に応じ、心境などを語った。

 被告は昨年11月23日、靖国神社に侵入し、火薬類の詰まったタイマー付き発火装置を境内の公衆トイレに設置、火薬を燃焼させて天井を壊した罪に問われた。また同年12月9日、韓国から日本に再入国する際に火薬約1.4キロを許可なく持ち込もうとして羽田空港で身柄を拘束された。

東京地裁はこの日、被告に懲役4年(求刑同5年)の判決を言い渡した。

 先月半ばに日本で被告と面会した母親によると、被告は「日本の記者からも電話を受け、どうせ捕まるんだと思って堂々と自分の足で日本へ向かった」と、再入国の理由を語ったという。

 母親は「息子も捕まることを分かっていて日本へ行ったのだから、(日本のマスコミが報じたように)もう一度騒ぎを起こそうとして行ったというのは間違っている」と訴えた。

 日本の検察が犯行を「テロ」と規定していることにも強い不満を見せた。母親は「息子は裁判中にも、人を傷付ける意図はなかったと繰り返し述べた」とし、「けがをした人もおらず、建物が爆発で壊れたわけでもないのに、テロと決め付けて重い刑を言い渡したのはあんまりだ」と憤りを口にした。

 母親は控訴する意向を示している。

最終更新:7月19日(火)17時7分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。