ここから本文です

宇良、捨て身の居反りも腰砕ける 痛めた右足首は「捻挫みたいなもの」

デイリースポーツ 7月19日(火)15時50分配信

 「大相撲名古屋場所10日目」(19日、愛知県体育館)

 奇手居反りで知られる西十両8枚目の宇良(24)は元幕内の阿夢露に浴びせ倒しで敗れ3敗目を喫した。前日痛めた右足首をカバーするためか、二字口まで下がって仕切り、相手のフトコロに飛び込んだが、これを外されて土俵際に詰められた。最後は捨て身の居反りを狙ったが、腰が砕けて相手に押しつぶされてしまった。

【写真】“奇手”居反り不発…腰が砕けた宇良

 この珍しい仕切りは過去に「学生時代に1度使った」ことがあるそうで、今回は「俵に足を掛けて地面と斜め45度にする角度が、足首が痛くないポイント。あそこでだったら相撲が取れる」という理由からだった。

 前日、病院での診断は「ひ骨筋損傷。捻挫みたいなもので長引くようなものじゃない」とのことで「朝起きた時は痛いが、徐々に慣らして。今日も治療に行ってきた」と話した。

最終更新:7月19日(火)16時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]