ここから本文です

庵野総監督 エヴァの新作遅れを謝罪…「シン・ゴジラ」完成会見で

デイリースポーツ 7月19日(火)15時56分配信

 東宝が12年ぶりに製作する人気特撮シリーズの新作映画「シン・ゴジラ」(29日公開)の完成報告会見が19日、都内で行われ、庵野秀明総監督(56)や主演の長谷川博己(39)ら主要キャストが登壇した。

 2012年公開の第3弾を最後に新作が発表されていない「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズも手がける庵野総監督は冒頭で自ら「最初に謝っておきたいことがあって…ヱヴァンゲリヲンのファンの方には本当に本当に本当にお待たせしています。本当にすいません」と切り出して謝罪。「その分、こっちも頑張ってやってますので、お許しくださいとは言いませんが、ゴジラファン、特撮ファン、日本映画の好きな方にはご満足いただけるものになったと思います」とゴジラにかける思いを語った。

 庵野総監督が「ゴジラ」のオファーを受けたのは13年1月末。12年公開で興収53億円のヒットとなった映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に尽力した反動で鬱(うつ)状態だったという。

 結果的に13年3月に「ゴジラ」の総監督を引き受けるのだが、庵野総監督は「『ヱヴァンゲリヲン』は僕自身ものすごく、魂としか言いようのない部分を削り取っていく作品。新劇場版を3本連続でやって、削りきってしまい、残らなくなってしまった」と当時を回顧。

 「このまま作品というものを作れないかも、ってところまで追い込まれた。そのとき東宝さんから(『ゴジラ』の)話をいただき、僕自身、救われた気がします。この作品のおかげで『ヱヴァンゲリヲン』も作れると思いますし…言葉にならないですね」と心境を明かした。

最終更新:7月19日(火)16時35分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。