ここから本文です

伝説ポケモン居るかも ニュージーランド観光局が「ポケモンGOでレアポケモンに遭遇しそうな絶景スポット」を公開

ねとらぼ 7月19日(火)17時22分配信

 世界的に大流行中の「ポケモンGO」に関連して、ニュージーランド政府観光局が公式サイト上に「レアなポケモンたちと遭遇するかもしれない!? 絶景スポット」を紹介しています。あくまでも“遭遇しそう”ということなのですが、確かにポケモンが出てきてもおかしくないような絶景スポットがそろっています、行ってみたい。

【「アオラキマウントクック」にはレックウザがいそう】

 紹介されているのは“ロード・オブ・ザ・リング”のロケ地としても使用された「ホビット村」、自然に繰り抜かれた岩窟が特徴的な「カセドラル・コーブ」、ニュージーランド国内で最も小さい国立公園でありながらもカヤックやシュノーケルが楽しめる「アベル・タスマン国立公園」、ニュージーランドの最高峰「アオラキマウントクック」、ペンギンなど野生動物たちの姿を見ることができる「オタゴの海岸沿いのナゲット・ポイント」の5カ所。公式サイトで公開されているイメージ画像には、全てピカチュウが潜んでいてかわいい。

 映画のロケ地にもなった場所や、ポケモンの世界さながらの大自然が楽しめる場所など、政府スタッフが厳選したというだけあって迫力のある場所ばかり。ポケモンGOにあやかって紹介されているとはいえ、足を運んで本当にポケモンがいたら少し感動してしまうかも?

最終更新:7月19日(火)17時22分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]