ここから本文です

FLOW、いきもの、NICO、サンボ、スキマ、KANA-BOONがNARUTO愛全開ライブ

音楽ナタリー 7月19日(火)18時0分配信

アニメ「NARUTO -ナルト-」と「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のライブイベント「ANI-ROCK FES. NARUTO THE LIVE 2016」が、7月17日に千葉・幕張イベントホールにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ANI-ROCK FES.」は「銀魂」および「NARUTO -ナルト-」シリーズの歴代テーマソングを担当してきたアーティストたちが競演を繰り広げるイベント。2日目となった17日公演にはいきものがかり、KANA-BOON、サンボマスター、スキマスイッチ、NICO Touches the Walls、FLOWが参加した。

「ナルト好きの若手バンド代表としてやってきた」というトップバッターのKANA-BOONは、映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」の主題歌「ダイバー」でライブの口火を切る。映画の名シーンと共に4人はパワフルなプレイを繰り広げ、オーディエンスのテンションをヒートアップさせる。さらにバンドはライブの定番曲を連発したのち、ゲーム「NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4」のオープニングテーマ「スパイラル」をアニメの戦闘シーンの映像と共に披露。谷口鮪(Vo, G)は「アニメ、映画、ゲームの主題歌とやって、次は岸本(斉史)さんの耳元で歌うくらいしか」と冗談を飛ばしつつ、「みんなと会えたのもナルトのおかげです」と感謝の思いを明かす。そしてバンドは「NARUTO -ナルト-」との初タイアップ曲となった「シルエット」をナルトカラーであるオレンジの照明の下で高らかに奏でた。

転換中は歴代のオープニングおよびエンディング映像や、テレビ東京系「特捜警察ジャンポリス」のMCで「NARUTO」好きの生駒里奈(乃木坂46)と足立梨花が出演者たちにインタビューする様子を上映する演出を用意。観客はどっぷり「NARUTO」の世界に浸っていた。

ライブアクト2番手のスキマスイッチは、アニメのオープニングテーマとして使用された壮大な「LINE」でライブをスタート。大橋卓弥(Vo)の穏やかな歌声が、リスナーを優しく包み込んでいく。その後、彼らはアップテンポな「Ah Yeah!!」で会場を沸かせたり、「奏(かなで)」でしっとりとした空気を作り出したりと起伏のあるライブを展開。大橋は「皆さんの『NARUTO』愛を感じます」と笑顔を浮かべ、映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」の主題歌を飾った壮大なラブバラード「星のうつわ」につなげる。スクリーンには映画のシーンと、2人の演奏する様子が交互に映し出されオーディエンスをうっとりさせた。

サンボマスターは登場するなり、山口隆(Vo, G)のハイテンションなトークでライブを開始。山口は「アホみたいに盛り上がったら『ジャンプ』で連載持たせてもらえるんじゃねえかと思うんですよ!」と叫び、近藤洋一(B)と木内泰史(Dr)と共に「世界をかえさせておくれよ」を爆音で鳴らした。3人の熱演に場内の気温は上昇していき、オーディエンスは拳を突き上げ、大合唱をしながらバンドの演奏を楽しむ。最後にバンドはアニメのオープニングテーマとして使用されたヒット曲「青春狂騒曲」を観客と歌いながらプレイ。そして山口は「1つわかったことは、『ジャンプ』で連載はさせてもらえないってこと。でもあんたの心の長期連載、よろしくお願いします!」というキメ台詞を残してステージをあとにした。

NICO Touches the Wallsはアニメのエンディングを飾った「Broken Youth」で勢いよくライブの幕を開け、続く「THE BUNGY」では痛快で骨太なバンドサウンドで会場を揺らす。光村龍哉(Vo, G)は「俺らの地元千葉にようこそ! 地元なんで、ほかのアーティストに負けたくないっす!」と競演者たちにライバル心を燃やし、気迫のこもった歌声を聴かせる。そして彼の「3回ナルトの音楽をやらせてもらって、この3曲がなかったら僕らここにいなかったと思います」という言葉を経てオープニングテーマとしてアニメを彩った「ニワカ雨ニモ負ケズ」へ。十分盛り上がる観客を前にしながらもメンバーは「こんなんじゃラスサビいけないってばよ!」と煽りさらなる熱狂を作り出した。

いきものがかりがアニメのオープニングテーマとして使用されたヒット曲「ブルーバード」を披露するとうれしそうな歓声が沸き、興奮した空気が立ち上る。吉岡聖恵(Vo)は観客1人ひとりに語りかけるように歌い、水野良樹(G)と山下穂尊(G)はステージの両翼に移動しながらギターを丁寧に奏でる。「じょいふる」ではオーディエンスがタオルを回す前で、吉岡がステージに寝っ転がったり、駆け回ったりと弾けたパフォーマンスを繰り広げる。一転して、ラストを飾ったのはバラードナンバー「帰りたくなったよ」。温かく柔らかなサウンドに乗せて、吉岡の情感豊かな歌声が響いた。

トリを務めたのは、「NARUTO」のアニメシリーズとは5回タイアップしているFLOW。オーディエンスはこの日一番の歓声で彼らを迎え、「虹の空」を皮切りに次々と披露されるアッパーチューンを全力で楽しむ。観客の声援に応えるように5人は、イベントのラストにふさわしい貫禄たっぷりのステージを展開。KEIGO(Vo)は朝9:00に会場入りしたことを語り、「ナルト的に言えば、チャクラ練ってました!」と気合いのほどをうかがわせる。後半戦に差し掛かるとKEIGOの「ナルトという作品にバンドの運命を変えてもらったと思います」という言葉からバンドは舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」のために書き下ろした「光追いかけて」を披露し、間髪入れずにアニメのテーマソングを続けざまにプレイする。「GO!!!」ではナルトも登場し、バンドと一緒にパフォーマンスを展開。ラストの「Sign」では会場を巻き込んでの大合唱が起き、5時間におよんだイベントはクライマックスへ。「もう一度、『NARUTO THE LIVE』やろうぜ!」というKEIGOの言葉に賛同する声が上がる中、イベントは終幕した。

ANI-ROCK FES. NARUTO THE LIVE 20162016年7月17日 幕張イベントホール セットリスト
KANA-BOON
01. ダイバー02. なんでもねだり03. ウォーリーヒーロー04. フルドライブ05. スパイラル06. シルエット

スキマスイッチ
01. LINE02. Ah Yeah!!03. 奏(かなで)04. 全力少年05. 星のうつわ

サンボマスター
01. 世界をかえさせておくれよ02. 光のロック 03. 君を守って 君を愛して04. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ05. 青春狂騒曲

NICO Touches the Walls
01. Broken Youth02. THE BUNGY03. Diver04. 天地ガエシ05. ニワカ雨ニモ負ケズ

いきものがかり
01. ブルーバード02. 気まぐれロマンティック03. コイスルオトメ04. じょいふる05. 帰りたくなったよ

FLOW
01. 虹の空02. COLORS03. 風ノ唄04. Steppin' out05. 光追いかけて06. Re:member07. GO!!!08. Sign

撮影:松本健彦、能美潤一郎

最終更新:7月19日(火)18時0分

音楽ナタリー