ここから本文です

履正社がコールドで3回戦へ進出 ドラ1候補寺島が投打でけん引

デイリースポーツ 7月19日(火)17時0分配信

 「高校野球大阪大会・2回戦、履正社7-0汎愛」(19日、豊中ローズ球場)

 履正社が七回コールドで春季大阪大会4強の汎愛を破り、3回戦へ進出した。先発したドラフト1位候補のエース・寺島成輝投手(3年)が、7回無失点9奪三振の好投に加え、七回にコールド勝ちを決めるソロアーチを放った。

 立ち上がりからボールが高めに浮いたものの、緩いカーブを使ってうまく修正。阪神・和田豊SAら8球団のスカウトが視察する中、「相手が直球を狙ってきているのが分かったので、変化球を多めにつかった」と相手の狙い球をことごとくかわした。

 打っては6-0の七回に、右翼席へコールド勝ちを決めるソロ本塁打。完ぺきな打球に「気持ちよかったです」と満面の笑みを浮かべていた。

最終更新:7月19日(火)17時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。