ここから本文です

トム・ヒドルストンが5週間の特訓積んだ歌声披露「アイ・ソー・ザ・ライト」予告

映画ナタリー 7月19日(火)18時1分配信

トム・ヒドルストン主演作「アイ・ソー・ザ・ライト」の予告編がYouTubeにて公開。あわせてポスタービジュアルが解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、キング・オブ・カントリーと称された米国の歌手ハンク・ウィリアムズの半生を描いた伝記映画。1947年にメジャーデビューを果たし一気にスターダムへとのし上がるも、29歳の若さで急逝したウィリアムズに「マイティ・ソー」のヒドルストンが扮している。ウィリアムズの妻オードリー役をエリザベス・オルセンが務めたほか、母リリー役でチェリー・ジョーンズ、作曲家フレッド・ローズ役でブラッドリー・ウィットフォードがそれぞれ出演した。

このたび公開された予告編は、ウィリアムズが聴衆を前に笑顔を浮かべ歌う姿から始まる。その後、メジャー契約を交わし、妻オードリーとの間には男児を授かるなど順風満帆だったウィリアムズの人生が、一変していく様子が映し出されていく。ヒドルストンは本作の撮影にあたり、音楽プロデューサーの指導のもと5週間の猛特訓を積み、劇中のウィリアムズの楽曲すべてを自身で歌い上げた。

「アイ・ソー・ザ・ライト」は10月1日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。



(c)2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.

最終更新:7月19日(火)18時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。