ここから本文です

第155回芥川賞に村田沙耶香「コンビニ人間」、直木賞に荻原浩「海の見える理髪店」

ねとらぼ 7月19日(火)19時31分配信

 7月19日、日本文学振興会が主催する第155回「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」の受賞作が発表。芥川賞には村田沙耶香さんの「コンビニ人間」、直木賞には荻原浩さんの「海の見える理髪店」が選ばれました。

【「コンビニ人間」の村田沙耶香さん】

 村田さんは1979年生まれで、2003年に「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。荻原さんは1956年生まれ、広告制作会社勤務、フリーのコピーライターを経て1997年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞しデビューしました。

 芥川賞・直木賞はともに1935年、作家の菊池寛によって創設された文学賞。芥川賞は新聞や雑誌に掲載された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌または単行本として発表された短編および長編の大衆作品が対象となっています。

最終更新:7月19日(火)19時31分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。