ここから本文です

MSの中の人、ちょまどさんがイラスト入りうちわを振る舞う、「Surface デジタル夏祭り」に参加した

ITmedia PC USER 7月19日(火)20時4分配信

 日本マイクロソフトが7月15日に、六本木アークヒルズカフェで開催した「Surface デジタル夏祭り」。会場では「オリジナルうちわ制作」「オリジナルタンブラー製作」「似顔絵ステッカープレゼント」「ホログラムプロフイールビデオ制作」「LINE風写真スタンプ制作」という5つのコーナーがありましたが、中でも個人的に注目していたのはうちわ制作。というのも、文系エンジニア兼マンガ家な日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト、ちょまど(@chomado)こと千代田まどかさんが、うちわ制作コーナーでお絵描きをしているという情報を耳にしたからです。

【描いていただいたイラストがこちら】

 これは欲しい……是非欲しい……! と思い、会場で千代田さんに直撃しました。

 そうは言っても絵を描くのって時間かかるだろうし、無理なお願いかな……、と心の中で思いながら千代田さんにお願いしたら、「いいですよー」とあっさり快諾。

 普段は液晶タブレットの「Cintiq」とイラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」で絵を描いているという千代田さんですが、今回は「Surface Pro 4」と「Surface ペン」、ソフトには「PowerPoint」という環境。慣れない環境でお絵描きは難しいのでは……というこちらの心配など、どこ吹く風で、千代田さんはさらさらとイラストを描いていきます。

 描き始めてから10分もしないうちに完成しました。す、すごい……。

 実際にうちわにプリントしていただきました。ありがとうございます。編集部に飾ることにします。

最終更新:7月19日(火)21時14分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]