ここから本文です

猿飛佐助・勘九郎 聖地・甲子園で家康斬り「感動です」

デイリースポーツ 7月19日(火)18時30分配信

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(34)が19日、兵庫・西宮市の甲子園球場で行われたプロ野球・阪神-巨人戦で行われたファーストピッチ(始球式)に登板した。勘九郎は主演映画「真田十勇士」(9月22日公開)で演じた猿飛佐助の衣装で登場。イメージは「大阪夏の陣」と言うことで、打席に立ったのは甲ちゅう姿の徳川家康。見事なノーバウンド投球で空振りに切ってとった。

【写真】勘九郎、聖地で見事な殺陣を披露

 やや高めのボールがキャッチャーのミットにズバンと収まると、甲子園のスタンドもどよめいた。対戦後には親睦を深めようと家康に近づいたが、バットで襲われ、今度は腰の刀を抜いてバッサリ。観客からは拍手がわき起こった。

 投球後には「いいピッチングができました」と興奮気味だった。野球経験はなく、始球式も初体験。「人生で初めての経験が甲子園。感動です。いつも見ているところだし、(高校)球児がみんな立ちたいと願っている場所ですからね」と感激だった。「(中村)福助のおじはトラキチなのでうらやましがると思います」と聖地での投球を喜んだ。

 自宅が東京ドームに近いため、時おり野球観戦には行くという。「この間も負けた試合でしたが、3塁側(阪神側)でした。何とか頑張ってほしいんですが…」と最下位に沈む虎にエール。特にひいきのチームはないとしながらも「(佐助は)豊臣方なんで、家康を切ったんです。本名も偉大な掛布さんと同じ“まさゆき”(掛布は雅之、勘九郎は雅行)だし、ファンと公言しちゃいましょう」とノリノリだった。

最終更新:7月19日(火)18時43分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。