ここから本文です

西武がリプレー検証で先制 金子侑がタイムリー

デイリースポーツ 7月19日(火)18時43分配信

 「西武-ロッテ」(19日、西武ドーム)

 西武がリプレー検証の結果、先制した。

 二回走者なしから、渡辺が左線への二塁打で出塁すると、続く金子侑はロッテ先発の二木のスライダーを中前へとはじき返した。

 この一打で渡辺は一気にホームへ。滑り込んだ渡辺の背中に、捕手・田村が追いタッチする形となった。

 球審の判定はセーフだったが、田村がタッチをアピールすると、伊東監督がベンチを出てリプレー検証を要望した。

 4人の審判団はベンチ裏でVTR映像で問題のシーンを確認したが、判定は覆ることなく、セーフ。西武が1点を先制し、試合は再開された。

最終更新:7月19日(火)19時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報