ここから本文です

【ライブレポート】水曜日のカンパネラ、京都・萬福寺で僧侶と共演や『フライデー』朗読

BARKS 7月19日(火)13時15分配信

メジャー1stEP『UMA』を引っ提げた水曜日のカンパネラによる全国ツアー<未確認ツアー>のファイナル公演が、京都・萬福寺にて開催され、アンコール1曲含む全15曲が披露された。

◆水曜日のカンパネラ ライブ画像

  ◆  ◆  ◆

開演まで特にSEは無く、蝉の鳴き声という自然の音を聴きながら、約1500人の観客は、まだかまだかと待ちわびる。17時半、境内後方に、まるで櫓のような移動式荷台に乗って、コムアイと日清カレーメシ2のマスコットキャラクター「カレーメシ2くん」が確認される。狂喜乱舞する観客に「イエーイ! お待たせしました、ツアーファイナルへようこそ!!」と問い掛けながら、荷台の上でコムアイが大太鼓を叩く。横ではカレーメシ2くんが踊っている中、ライブは「ラー」からスタート。

本堂手前の月台に設置された特製舞台に到着して、続く「シャクシャイン」へ。野外、それもお寺をバックにという荘厳な雰囲気に一気に場は盛り上がっていく。「祇園祭と被っているのですが、より京都に人を上乗せしてやろうと思ってます! ご近所の方を招待させて頂いているので、たまたま来られたおばあちゃんにも楽しんで帰ってもらいたいです!!」と挨拶を済ませると、「いい湯だね!」とお馴染みのコール&レスポンスで呼びかける。「温泉は好きですか?!」と突然のコール&レスポンスに戸惑う観客もいたが、そのまま「ディアブロ」へ突入。まるで熱湯風呂かのように、観客の熱狂度は沸騰状態に。

「小野妹子」では、萬福寺の僧侶8人が特別ゲストとして登場する。コムアイは、「やっぱ一緒にやらないとね!」と嬉しそうな表情を浮かべる。僧侶たちも楽しそうに花道を軽く踊りながら歩くが、その姿はモデルがランウェイを歩くようであった。曲終わりには「ハッピーなお坊さんたちに拍手を! これも修行の一環です!!」と煽ると、僧侶たちに大きな拍手と声援が送られた。続く、「Zoff(ゾフ)」のタイアップ楽曲「雪男イエティ」では、雪男イエティと人間を閉じ込めた檻を持つ雪男イエティの二匹が舞台に現れる。観客エリアには、大きな風船も投げ込まれた。その後、コムアイは姿を消したかと思われたが、さなぎの着ぐるみを纏って再び現れる。ステージ上で着ぐるみを脱ぎ捨てると、まるで鳳凰のような赤い羽を纏った衣装で「フェニックス」を歌う。そして、蓮をかたどった神輿に乗り、舞台から降りて境内を練り歩いた。

MCでは「やる事が多過ぎて、頭パンクしてきた! まだ半分も終わってないのに(笑)」と笑い飛ばした後、表紙を飾った雑誌『ローリングストーン』の紹介を。その上に先日熱愛を激写された週刊誌『フライデー』を丁寧に朗読して、サインまでサービスで入れて観客にプレゼントするコムアイならではのユニークな一幕も。

「私の私生活も確認済みとなった事で!」という粋な流れから、Red Bull THE SPRING EDITION サクラフレーバーとのコラボレーションソング「チュパカブラ」へ。境内からセクシーなピンク色のナースと天使の羽を付けた謎の男が踊りながら、舞台へ上がる。ダンサーふたりは、それぞれ上手下手に設置されたアンプの上に登り、踊り狂って舞台に花を添えた。壮大なスケール感を持つサウンドに思わず身が引き締まる「ウランちゃん」を経て、「バク」では、端4カ所を棒で支えられた巨大白布を4人の黒子が持って舞台花道へ。その巨大白布の下で、コムアイが妖艶に踊り出す。そして、水滴が落ちる音から「ユタ」が始まる。水滴の音に合わせ奏でられる楽曲は、野外に溶け込むかのように心地よく聞こえた。

「ラストエンペラーみたいにしたかった!」という舞台美術について語りながら、萬福寺のお気に入りポイントやスポットについても明かしていく。続く、「猪八戒」では、ブタ鼻を装着して猪八戒に扮したコムアイと三蔵法師と沙悟浄が揃い踏み。曲終わりには、そのブタ鼻が観客エリアに放り込まれた。興奮冷めやらぬ中、「しっとりした曲を」と『UMA』の中から「ユニコ」へ。緩やかなビートに合わせて、気持ち良さそうに体を揺らす観客が多く見受けられた。そろそろ陽射しも落ち着いてきた時間帯になり、松明に火が灯される。そんな幻想的な光景をバックに、「ツチノコ」では花束を持ちながら歌い踊り、その花束を松明に投げ込み燃やしていく。

本編ラストは、イントロが流れると同時に大歓声が起こった「桃太郎」。観客による歌声が鳴り響き、サビでは皆が振り付けを踊り、ウォーターボールの中に入ったコムアイが観客に揺らされながら、まるで大海原のような境内を巡っていく。大盛況の内に終わったが、コムアイの「実は今ので最後の曲だったんですけど、さすがに少ないので、もう1曲やっていいですか!」のひと声で、急遽アンコールへ。ウォーターボールの中に入ったままで、「ドラキュラ」を披露する。招き猫のバルーン、そしてカレーメシ2くん、雪男、ナースのダンサーたちも再結集して大団円に。「ちーすーたろかー」の大合唱が、萬福寺に響き渡った。最後は観客全員と僧侶たちと共に、本堂の前で記念撮影を行なって終幕。前人未到のツアーファイナルとなった。

  ◆  ◆  ◆

文=鈴木淳史
撮影=横山マサト

【SET LIST】
『未確認ツアー』ファイナル公演 @京都・萬福寺
OPEN/START 16:00/17:00

M1-ラー
M2-シャクシャイン
M3-ディアブロ
M4-小野妹子
M5-雪男イエティ
M6-フェニックス
M7-チュパカブラ
M8-ウランちゃん
M9-バク
M10-ユタ
M11-猪八戒
M12-ユニコ
M13-ツチノコ
M14-桃太郎
EN-ドラキュラ


EP『UMA』
2016年6月22日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Tシャツ)
WPCL-12387 ¥3,900(税込み)
【通常盤】(CD)
WPCL-12388 ¥2,500

[収録曲]
01.チュパカブラ
02.ツチノコ
03.雪男イエティ
04.ユニコ
05.フェニックス
06.バク
07.クラーケン

最終更新:7月19日(火)13時15分

BARKS