ここから本文です

スタジオジブリ鈴木敏夫、母校・慶應大学で“青春”を語るイベントに登壇

映画ナタリー 7月19日(火)19時3分配信

7月26日に慶應義塾大学にて開催されるイベント「温故知新、青春を学ぶ」に、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫が登壇する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これまで「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」「風立ちぬ」など多くの作品に参加し、スタジオジブリの最新作「レッドタートル ある島の物語」の公開を9月に控える鈴木。このイベントは、時代を超えて近代性を放ち続けるゲストを招き、彼らの原点を探ろうというものだ。1972年に同大学を卒業した鈴木に加え、長崎原爆被爆者の長田孜、同大学環境情報学部教授のデヴィッド・J・フリードマンが、それぞれの“青春”について語り合う。

慶應義塾大学の学生以外も無料で参加が可能。現在専用フォームにて予約を受け付けている。その他詳細はイベント公式Facebookを参照のこと。

温故知新、青春を学ぶ
2016年7月26日(火)東京都 慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室13:30~15:00言語:日本語・英語参加料:無料、入退出自由※専用フォームにて予約受付中<登壇者>鈴木敏夫 / 長田孜 / デヴィッド・J・フリードマン

最終更新:7月19日(火)19時3分

映画ナタリー