ここから本文です

「ブラタモリ」熊本城編再放送前にネットで盛り上がり

デイリースポーツ 7月19日(火)18時59分配信

 4月の熊本地震の直前に熊本城でロケを行ったNHK「ブラタモリ」の熊本城編(3月19日放送)が、20日午前0時から再放送される。ネット上では19日午後あたりから再放送を楽しみにする声が続々と寄せられるなど、盛り上がりを見せている。

 「熊本城はやりすぎ城?」のテーマで3月に放送された熊本城編。放送から1カ月もたたないうちに地震が発生し、熊本のシンボルでもあった城は、国の重要文化財の宇土櫓(やぐら)の続(つづき)櫓などが倒壊したほか、天守閣も瓦やしゃちほこが落下するなど、甚大な被害を受けた。

 ネット上では、「奇しくも『ブラタモリ』が被災前の貴重な姿を残す形になったか」「ブラタモリで『やりすぎ防御』を備えた熊本城が取り上げられたばかりなのに…」「ブラタモリで熊本城を見て以来、これはいつか行かねば…と思っていたので、早く元の姿に戻ってほしいな」と衝撃を受けた声があふれ、「もう一度勇姿を」と再放送を願う声も多く寄せられていた。

 「ブラタモリ」第34回放送となった熊本城編では、城づくりの名人と言われた戦国武将・加藤清正が丹精込めて築き、難攻不落の要塞と言われた名城に隠された“秘密”を紹介した。防御を「やりすぎ」た城の魅力が分かりやすく紹介され、4月2日の第35回放送で同番組を卒業した桑子真帆アナウンサーのプレ卒業回としても注目を集めた。

最終更新:7月19日(火)20時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。