ここから本文です

広島「神ってる」打線爆発、鈴木も5試合ぶり13号3ラン

デイリースポーツ 7月19日(火)19時45分配信

 「広島-中日」(19日、マツダスタジアム)

 広島は四回、鈴木誠也外野手(21)の13号3ランなどで、リードを大量11点に広げた。大野は自己ワーストの11失点。「神ってる」打線が、早々と相手エースをKOした。

 この回、田中の9号3ランで追加点を奪うと、2死からルナ、新井の連打で一、二塁。鈴木に打席が巡った。追い込まれてから4球目、内角143キロの直球をフルスイング。打球は左翼スタンド中段の看板に直撃し、グラウンドに跳ね返る。推定120メートルの特大弾だ。

 9日の阪神戦(甲子園)以来、5試合ぶりの一発。「打ったのはストレート。追い込まれていたので、食らいついていきました」と振り返った。

最終更新:7月21日(木)1時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。